代表挨拶

リオ・パートナーズ総合事務所 代表弁護士 南 裕史

プロフェッショナルにこそ、親しみやすさを。

人々の暮らしや世の中の仕組みが複雑化・多様化し、規制緩和などの改革による社会の様々な変化がある昨今。我々専門士業のあり方も問われています。

ご記憶に新しいであろう「司法制度改革」をはじめ、国全体としても変容を遂げつつある中、弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士等、いわゆる「士業」の者が旧態依然としていては社会のニーズに的確に応えることができなくなる恐れがあります。

士業が一般の企業などとは異なり、営利追求ではなく社会貢献・社会奉仕を目的としていることは普遍的な事実です。しかし、「先生」と呼ばれ、そこに胡坐をかいているような、あるいは指示を仰がれ指導するという姿勢が当然、といった職務であってはなりません。

現代社会においては、士業は社会貢献であると同時にサービス業であるべきだと感じております。リオ・パートナーズ総合事務所は、資産のOne stopコンサルティングを実現したリオグループの一員です。それぞれが独立した存在でありながら、士業と企業とが高いレベルで結びついた協働体制は、世の中に類を見ません。サービス向上を命題とする企業の文化に学ぶことで、われわれもまた、時代に即した進化を遂げたい。そう願っています。

ご相談に来て頂く皆様から見て壁があるように感じる、気軽に相談しにくい事務所ではなく、高い専門性を持ったプロでありつつ、身近で親しみやすい存在へ。例えるならば、町医者のように訪れやすく、総合病院のような技術を持った事務所として、皆様にも気軽にご相談いただければ何よりです。

トップへ